新型コロナウイルス 予防 ワクチンの開発と治療実施

2020年08月11日

新型コロナウイルス 予防 ワクチンの開発と治療実施


こんばんわ、佐藤です。

矢継ぎ早に、台風が 日本本土を 目指して 襲来する 機会が 多く なりそうな 気配である。


 今年ほど、 国内外 で 情報が にぎやかしく 「 行き交う 」 ことは、 過去には 珍しい事だ。


 全世界で、 2000 万人 以上の 「 新型コロナウイルス 」 の 感染者 が 発表 されている。 しかも、


その発表が、 正式なものでない とも 報道されているや いったい、 今後 どれだけ 増加するのか また


死者なども、 ますます 増えて 行くのかも しれない!


 特に、 アフリカや 南米 ( ブラジル 等 ) が 懸念されるところ。


21世紀においては、 グローバル つまり 「 全世界規模 」 で 思考を めぐらせて おかなければ 大変!


 何十年も前 ( 30年ほど前 ) に、 中近東 ・ 中国 ・ 韓国 ・ 北朝鮮 ・ ロシア について


経済を 含めた、 国家としての 「 発展 」 内容に 「 ? 」 が 付けられて いたことに、 頭から 離れなかった


 この事が、 どういう 意味を また 「 私達に 及ぼす 影響 」 が どう 関わるのだろうか? と


不思議と 不安と 心配が 入り混じって 「 頭から 消える 事が 無い 」 のは どうしてか?


 この 地球上の 人類は みな 平等で、 安全・安心な 暮らしを 出来なければ ならない。


憲章 や うたい文句 は 立派でも、 現実的には かなり、 かけはなれた 「 現実 」 が 存在し かつ、


「 暗い 陰さえ 」 見えてきている。


 「 天変地異 」 も 少なく、世界各地が おだかに、 平和裏に 毎日の 生活が 出来て あたりまえ!


ところが、 昨今のような とんでもない 「 想像だに しなかった 新型コロナウイルス 感染拡大 」 である。


 2000 万人 以上の 感染者と その 死者 100 万人 に 迫る現状 ・・・ 小生から 見れば 明らかに


【 第 3 次 世界戦争 】 なのだと その様に とらえ 始めている。


 つまり、 「 問答無用 」 に して 死んで 行くのだ と 言う事である。


 冒頭にも 記述したように、 全世界 この 地球上 「 全人類 」 等しく 生きている?


一部の国や、 権力的な 国家のみが のさばるようなら、 早晩 この地球は 「 滅び はてる 」 そう 信じて疑わない。


なんとなれば、 自国のみの 発展だけで もはや この地球上で 生きながらえることは 「 不可能 」 である と。


この度の 「 新型コロナウイルス 」 感染拡大 で 十分 認識できた はずである。


 そんなことも、他国のせい だとして あんかんと するなら もはや、 地球上の 人類では 無い。   


  悲しいながら、 同じ 「 地球人 」 と 思いたく ない のである。


この度も、ここまで お付き合い 頂き 感謝 します。

では、 このへんで。

   

Posted by シンリヤン at 22:50

当世書生日記 GO-TOキャンペーン コミュニケーションを問われる

2020年08月10日

GO-TOキャンペーン コミュニケーションを問われる

こんばんわ、佐藤です。

暑い、暑いと 言いながら 1日 1日 決して 後には 戻れない 「 過去 」 へと 向かいます。


もう、 目の前に 「 お盆 」 です。 今年の 夏は、 例年にも まして 「 異常 」 続き です。


 本来なら、 各地で 故郷に 過ごし ・・・・・ 親族・家族との 絆を 確かめ合い、 また ご先祖様との


心の中で、懐かしい  「 出会い 」 を させて 頂く。 明日への活力を 身にすることが 出来た はず。


 異常続きでは、かつて経験しなかった 「 悲しさや ・ 苦しみ 」  を  課せられている。


 苦しみ・悲しんで ばかりは いられない! 「 この 長い トンネル 」 ・・・ いつか、 出る時が 来ることを


 願って いる、。  ご先祖様へ お詫びと、 今後の 平和と 安全 ・ 安心 を 誓いたい そう 思います。


 「 備え あれば 憂いなし 」 ・・・ そして、 悲しみも 苦しみ も 「 あの 御巣鷹山 日航機墜落事件 」 


やがて、1985年から  ( 35 年 ) 年の歳月、坂本九 さん の 「 上を向いて歩こう」 を もって、 忍び あいたい と 思います。



 この度も、ここまで お付き合い 頂き 感謝します。

 では、 この辺で。     



  

Posted by シンリヤン at 23:05

当世書生日記 GO-TOキャンペーン 感染拡大やまず、地方都市へ

2020年08月10日

GO*TOキャンペーン 感染拡大やまず、地方都市へ

こんばんわ、佐藤です。

地方で、これだけ連日 「 感染拡大 」 し 続ければ、「 家庭内感染拡大 」 うなずける。


 ワクチンや、治療医薬品が 医療機関で 即実施状態に ならなければ、その前に 「 医療崩壊 」 が 


 見えてきそうである。 この事は、 あ そうですか で 済まされる 話でもないし、 危機的な 状態となる。


 『 備え あれば 憂いなし 』 ことわざ 通りの 守りごとでは 無いでしょうか?


季節は、 あたかも 「 台風シーズン 」 ・・・・・ 先の 「 豪雨被害 」 の 復旧は おろか、後片づけすら


ままならない状態でいる 「 被災地の 方々 」 その 心情や、 いかばかりかと お見舞い 申し上げます。


 今年は、日本全国で 「 お盆行事 」 など 思うに 任せない 状態の事と 思いやります。


心配する事に、 今年のような 「 新型コロナウイルス 」 豪雨災害など、 「 天変地異 」 が 頻繁に


恒常化すると なると、 いよいよ 『 危急存亡 』  を 考えなければ ならない ・・・ 現実味を おびて


我々に、 ふりかかって きそうな そんな 気がして くるのは、 小生だけで あろうか?



 いずれにしても、どこで どのように 「 この 命 果てようとも 」 わが 人生と 考えなければならないのか?


 悲観だけでは、「 生きる望み 」 が 失われて しまう。 この様な状態が、何時終わりが来るのか  


 先が 見えない、 分からない ・・・・・ 指針も、示されないままで、 苦労させられるのは どうしてなのか?


 全世界が 緊急事態、 日本国内だけでは ないぞ、 「 辛抱う 」 しろと 言う事でしょうか?


 悪くすれば、「 沈没船 」 に はかない 命を 託す そういう 事なのだろうか?


 ま、いずれにしても 明日に 向けて この 命を 永らえて 行かなければ ならない 事だけは 確かか!



 この度も、ここまで お付き合い 頂き 感謝 します。


 では、このへんで。








  

Posted by シンリヤン at 01:10

当世書生日記 GO-TOキャンペーン 感染拡大・いよいよ 家庭内感染が主流へ

2020年08月06日

感染拡大・いよいよ 家庭内感染が主流へ


★ こんばんわ、シンリヤンです。


  暑い、暑いと ぼやいているうち、に 明日は 暦の上では 「 立秋 」 で ご!ざんす


  素人の 予感では 残暑の 厳しさは 残るかも 知れないが、 季節の 進み方が 早いかナ?


 ● 連日 「 新型コロナウイルス 感染拡大 」 関連の 記事ばかり、、 能なしやな!


  お叱りばかりか、 軽蔑されるだろうよ!


  ※ 想像を たくましく してみていたのだが、 やっぱ 「 家庭内感染 」 が 主流 に なって来た。



  ※ GO-TO キャンペーン と やらで、 これまで 制限されてきた 「 お出かけ 」 が 解き放たれたなら


    必然の理と、 そう 解釈していたから。 



  ※ その他 大勢がよ、 一斉に 関を 切ったようにして 所自由に 徘徊すれば、



   「 ウイルス菌 」 は 見えないんだから ・・・・・・・・



  ● 3蜜、マスク、手洗い、うがい ( 消毒 ) を 実施しても ・・・・・



   「 人間の 数 」 が 半端じゃ ないから、 無理ですって! 言われなくっても、 分かってるじゃないの!



  ※ 『 答え 』 じゃ ないが、 あとは 予防 「 ワクチン 」 と 治療薬 の 早急な  実施あるのみ。




  ここまで、お付き合い 頂き 感謝します。では、このへんで。  

Posted by シンリヤン at 22:33生活と文化

当世書生日記 GO-TOキャンペーン すべては 考え方が 救う

2020年08月05日

GO-TOキャンペーン すべては 考え方に ある  


  こんばんわ、シンリヤンです。


 新型コロナウイルス 感染拡大 ・ GO-TO キャンペーン ここまで来たら、じたばたしても 変わらない  


 国民 一人、一人が 同じ方向を 向いて 「 同じ考え方 」 に なった時が、感染拡大終息 と なるのだ



 グローバル ( 国際化 ) の 中で、 経済の 活性化も 社会生活の活性化も 何もかも 重要である。



  ここまで 来てしまったんだ! あとは、 いかにして 「 医療崩壊や 経済疲弊 重症死亡者増 」 これらを


 今より以上に、 悪化しないようにするには、 皆が 同様に 取り組まなければ ならないか 「 答え 」 は


 そう、難しく考えなくても 出てきそうでsる。 ただ、 やっかいなのは 決して 忘れてならないのは ・・・・・・


 『 目に 見えていないもの 〛 は 最後まで、 油断なく お付き合いが 要求されている。


  この度も、ここまで お付き合い頂き 感謝します。

  では、このへんで。
  

Posted by シンリヤン at 23:17生活と文化

新型コロナウイルス 予防 個々人の 注意力だ

2020年08月04日

新型コロナウイルス対策 予防・・・ 個々人の注意力だ!


★ 予防 = 感染拡大対策は ・・・・・



  ここまで 来たら、 細かいことを 言っても無理 !


  三蜜対策 = 申すまでも無く !


 ● 個々人の 注意力と 徹底実行のみ !



※ 「 マスク 」 「 手洗い 」 「 うがい 」 「 不要 ・ 不急の 外出 NO ! 」


  これは、 日本国内での 話だ !


  だから、 諸外国との 交流など もってのほか! まずは、 国内での 「 感染拡大の鎮静化 」 と



  
 「 ワクチン 」 「 治療薬 」 の 開発と その 早期治験 治療実施へ 国民皆が 歩調を 合わせること !!




  ここまで、 お付き合い 頂き 感謝します。


  では、 このへんで。  

Posted by シンリヤン at 21:13生活と文化

新型コロナウイルス 予防・免疫消失・犬も感染

2020年08月03日

新型コロナウイルス 予防・免疫消失・犬も感染


★ 新型コロナウイルス 感染拡大が 第2次急上昇の 様相を見せている。


  そんな中 ・・・・・


 ● 同ウイルス感染症から 回復した患者の 「 再感染 」 に 対する 「 免疫 」 が


   『 数か月 』 以内に 無くなる可能性がある と 発表されている。


  ※ ワクチンも、治療薬も 実施目途も 分からない そんな中での  研究発表で ある。


  ※ 全世界の 70%の 「 感染拡大 」 と 発表されて ほんの 間もない 矢継ぎ早の 発表。


  ※ このまま、 感染拡大が 上昇し続ければ 「 緊急事態宣言 」 や 「 自宅待機要請 」 など


    まったなしで あろうと 想像する。


 ★ このような 心配状況が 続く中で ・・・・・


   「 在宅時間 」 が 伸びて、 「 犬・猫 」 の 需要が 高まっている と 報じられている。


   さらに ・・・・・・・・・・


  国内初 ・・・・・ 「 犬 2匹 」 が 新型コロナ陽性 と 「 発覚 」 



          感染した 飼い主から、 預かり 「 PCR検査 」 した 結果で あると 発表された。


   ● 『 抗体陽性率 』  ・・・・・ 犬 3% ・ 猫 4% ( イタリア発表 )



  暑い ・ 暑い と 体力消耗 しながら、 季節は やがて 秋から 冬へ ・・・・・・・・・・



  医療関係・研究専門機関からは、 このまま 「 感染拡大 」 を 続けて 『 冬季 』 を 迎えれば


  大3次感染拡大を 見るのは 自明の理である と 警鐘が 発しられている。


   ※ 客接待関係 店舗の 中には、 「 自粛要請 」 に 応じない 店舗も 出て来て いるとも 報じられている。



     日本国内はもとより、全世界が 果たして どのような 状況を呈して 行くのか?


   ※ 経済の衰退も 言うまでも無く、 若者の関係する 「 感染拡大 」 が とりざた される中で



     若者 ・・・・・ 「 大学生 」 の 学習に、 大きな 「 ひずみ 」 が 起こってきている。


   ※ 「 国会 」 も 閉会中 ・・・・・ 国権の 「 リーダー 」 達は、 夏休みどころか


     『 危急存亡 』 を


     どのように、善処されるのであろうか?



   ※ いろんな 「 イベント 」 も 中止 ・ 延期される中 ・・・・・ 夏休みも、お盆休みもすべてが


     新型コロナウイルス に 呑み込まれて 行くことは 必定と 心得なければ ならない ・・・・・・・・・



     そんな 気がしている。


   この度も、ここまで お付き合い 頂き 感謝します。


   では、このへんで。


 
  

Posted by シンリヤン at 23:20生活と文化

当世書生日記 新型コロナウイルス感染拡大 医療崩壊

2020年08月03日

新型コロナウイルウ感染拡大: 医療崩壊?


 ★ 「 GO-TO キャンペーン 」 ・・・ 感染拡大、実施前から 「 懸念 」 表明されていたでしょう?


  ● 「 ワクチン 」 も 開発途上


  ● 「 治療新薬 」 も 開発途上


  ● 「 医療体制 」 も 全国レベルで 整備半ばである。 しかも、 こんな状況下でありながら


   諸外国との 商業往来 ( つまり、ビジネス上での 行き来 ) が 自由化されたら どうなる?


  ● 全世界の 70%で、 感染が 「 行きわたって 」 いる現状 ・・・ もちろん、関係諸氏におかれては


   申すまでも無く、「 十分ご理解 」 して いらっしゃる事と そう 思うのであるが?


 ※ 「 ワクチン 」 や 「 治療薬 」 が 出来てくるから、見切り発車していて 「 往来 」 と 言う事



   であるような、そんな気がして ならない。 ここに、とんでもない  「 大きな 落とし穴 」 が


   存在している事に 「 気がついていない 」 だから、恐ろしい!!



   その 「 大きな 落とし穴 」 とは ・・・・・・・・・・


  ● 全世界の 70%が 感染状態に あるという事。


  ● 「 ワクチンや 治療薬 」 未完成である と 言う事 ・・・ 効果も 未知で ある。


  ● 「 世界経済 」 が 正常に 機能していない。


  ● 「 新型コロナウイルス 」 一般的には、 目にも見えない、臭いもしない、色も無い、もちろん


   触覚的なものもない  無いないつくしの この大変な 「 ウイルス 」 ・・・ 先が 見えて いますか?


 ★ 先の見えない、 全く先手の打ちようがない この事態を 『 危機意識 』 持たずに どう 処理出来ると いうのか?


   今こそ、医療現場をはじめ、医薬研究機関、政治・経済あらゆる 「 関係諸機関 」 が 一致協力連携で立ち向かう



   その事が 実行されなかったら 「 この地球 」 全体の 存在そのものが 危うくなる事 必定と 考える。


  『 日本 』 だけを 考えていけば 良いのなら、 そう 難しくないかも知れない。 が しかし、

  
   「 全世界 」 の 問題だからである。



  ※ 「 自分の 身の 周り 」 は 申すに及ばず、 全世界の実情に 目を向け 耳を傾けて 行かなければ


   未来は 「 無いもの 」 に なりかねない ・・・・ そう、 考えて 間違いない ところに、 さしかかっている。


   この度も、ここまで お付き合い 頂き 感謝します。

   それでは、このへんで。






   







 
  ●   

Posted by シンリヤン at 00:19生活と文化

当世書生日記 落とさないで 済んだはずの命

2020年08月01日

落とさないで 済んだはずの命


去る 7月30日朝、福島県郡山市の 「 しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店 」


において、店舗内装工事中の 「 爆発 」 事故 発生!


 しかも、大爆発である。・・・プロパンガスの 「 爆発の威力 」 知らぬものの


 『 人災 』 と 言って 過言では無い ・・・ そう 思う。


★ 何故このように、過去の数ある教訓が 活かされないで、次々と


 かけがえのない 命を失い、 亡くなられた方の ご冥福を 祈念します。


 ※ この事故は、発生させない ・・・ 未然に、十分に防止する事が出来た!


  それは、どうして言えるのか?


  報道上から ・・・ 29日に、同店舗内で 作業をしていた つまり


  作業者が 存在している、かつ 『 異臭がしていた 』 と 言っている。


 ● たとえば 「 プロパンガス 」 漏れの 臭い と まで 


   分からなかった としても ・・・・・ これからが、問題である。



  『 異臭 』 が している ・・・ 普通ではない状況で


   異臭がしていた・ 異臭だと 気になっていた 事になる。


   社会通念上の 「 常識 」 から 考えれば、この 作業者は


   現場監督や 同店舗管理責任者へ、この現場状況を (異臭がしている)


   連絡・報告するべき、当然の 「 責任と義務 」 が 存在していた。



 ● 他人事ではない、私たちは この社会に 生活する以上 いつも誰かの


   お世話になって いるのである。



   お互いに 「 自分の命 」 は 大切である。と 同時に ・・・


   他人の 命もまた、 自分の命同様に 大切である事を 常に念頭に


   置きながら、「 社会生活 」 を 続ける 必要が課せられている。



 ★ この 「 ガス爆発事故 」 に 限らず、痛ましい事故の教訓が


   今後に 活かされてゆくことが 何よりも、私たちに求められている。



 ※ この度も、ここまで お付き合い頂き 感謝します。では、このへんで。 


   







   





  





  


Posted by シンリヤン at 21:15生活と文化

新型コロナウイルス 予防 感染拡大

2020年08月01日

新型コロナウイルス感染拡大 状況把握と予防


このところ、連日 「 感染拡大 」 ・・・・・ 若者を 中心に 「 天井知らず 」 の ように しかも


全国的に 「 感染拡大 」 ・・・・・ これって、 単純に 「 経済失速 」 を リカバリ するための 野放し?


「 医療崩壊 」 は 検討・対出来ているのか! 専門家のやることだから、一個人が杞憂する事じゃネエ・・・で


簡単に、終わってほしいと 念じている。それにしても、ただ 単純に 「 若者 」 が ハメを 外してる! と 


そう、考えて 間違い ないのだろうか? やがて、 高齢者・障害、身障者、医療関係者へと どんどん 感染拡大


あり得ないと、誰が 断言する事が 出来ると 言うのであろうか?


 ようやく 遅い 梅雨が 明けて、間もなく 「 台風シーズン (8~10月) 」 がやってくる。


台風については、ある程度 「 予測 」 的な 側面は あるから、 相応の 対処は 可能かナ?


 しかし、巨大地震など 勃発しないとは 誰も 予測しえない ・・・・・ それなのに、若者中心に 感染拡大


 「 軽症 」 で しかも、 回復も 早いから 問題視していない? のだろうか。


 少子高齢化 ・・・・・ 今後の 日本社会行方に 何の 問題も無しと 楽観視していて いいのであろうか?


若者は、戦争体験はもちろん ( あってはならないが ) 大きな困難に 直面し 体験・経験する事が 少ない。


 難しい事は、なんでも 「 IT機器 」 その役目を 大半 やってのける 時代です。


スイッチを 入れさえすれば、 どんな内容でも 解決する事ばかりではない。


 この 新型コロナウイルス感染拡大の 緊急事態の 時なればこそ、 国家機関をはじめ、 地方自治体リーダー達が


若者たちの 今後の 国家へ、 臨むべく 考え方、対応を しっかりと 指導・教育する事が 願われているのだと


確信して、疑わない 一人です。


 ここまで、 お付き合い 頂き 感謝します。 このへんで。 

  

Posted by シンリヤン at 00:01生活と文化

当世書生日記 人間の習性・本性

2020年07月30日

当世書生日記 人間の習性・本性


こんばんわ、シンリヤンです。

福岡地方も ようやく今日 「 梅雨明け宣言 」 が あったようでsる。


 じめじめとした、長雨や それに続く 「 豪雨災害 」 ・・・ 災害は忘れたころにやって来るのではない!


毎年、いや 今年はまだ 「 台風シーズン 」 が 控えている。 年内に、いくつもの災害が重なって発生すること


決して、珍しくないのが 近年の 「 地球環境 」 と 気象との 「 因果関係 」 の ように 思える。


 ある ご長老さんが 「 決してこの地球は 良くならない 」 と、私に 繰り返し 語ってくれた事はまさに昨今


現実そのものに なっている。


、これでもか・これでも まだ 信じられぬか? と 言わんばかりに、『 大災害 』 の 発生現実として つきつけている。


 われわれ人間は 食事の時に 熱いものを 食べたり・飲んだり 「 喉元 過ぎれば 熱さ 忘れる 」 で ある。
 習性とは、 そう簡単に 治るもんでもない!!


 新型コロナウイルス感染拡大 ・・・ 「 油断無く 注意 」 と 関係機関は、必死に呼びかけをしている。


が、一旦ゆるんだ 「 たが ・・・ おけの しめつけ竹材部分 」 は、 簡単に もとに 戻りはしない。


 ゆるんだ 「 たが 」 は、国民の中とは 限っていない ・・・・・ 自民党の議員の中で またしても スキャンダル発生!


緩みっぱなしというか 「 人間本性 」 を 叩きなおさなければならないと 考えるのは 一人で あろうか?


 それは、 親が 幼い子供を 虐待のみならず、 管理責任放棄 ・・・・・ 子供は、親を生まれる前から 選べない!


抵抗力も無い、大人 ( 成人 ) のように、 強力に 主張する事すらかなわない ・・・ 加えてやな


 食べ物も ろくに与えられずに、 この暑い陽気の最中によ 放置されるとは ・・・ むごすぎる。


思いたくもない・考えたくもないそんな 「 案件の中 」 に 専門関係筋が 発表した 記事がある。それは ・・・・・


 幼い我が子や 義理の父や母が 関係した 虐待・殺害事件から 「 その父母としての両親 」 は


幼い時に、同じように 「 虐待・いじめ 」 を 受けて 養育または、親元を 離されて 育った境遇の持ち主と。


 これらが、 簡単に 『 DNA 』 と 今風に、 片づけ処理する事が、私達人間社会として、そのまま受けいれられるか!!


この地球上の 私達地域は もとより、世界全体が 自然災害が巨大化頻発化する事で 「 人心 」 が 乱れ


 争いが 日常化 はては、 大戦争にまで 発展しかねない! おそろしい 「 スパイラル 」 を 呈してきている・・・・・


その様に 考えることも 「 独りよがりではない!! 」  と 声を あげて 行きたいと 思う。


 本日も ここまで お付き合い 有難うございました。 感謝します。


   

Posted by シンリヤン at 22:52生活と文化

当世書生日記 中国のその考えが 地球を 滅ぼす

2020年07月26日

『 中国のその考え方が地球を滅ぼす 』 


新型コロナウイルス感染拡大が 世界中と なるその前から、 中国とアメリカ両国の 関係が ギクシャクし出した。




★ 新指導部に バトンタッチされても、相変わらずの“ 悪い国家概念 ”が

 今まで、気付かなかった世界層に広く知らしめている。


 第2次世界大戦も太平洋戦争も、「 ヒットラーの独裁 」 も

 経済破綻も、環境破壊もすべて 『 そのイデオロギー 』 の おかげで

 とんでもない 「 破壊と悲劇 」 が 繰り返されています。

 不思議と 思いませんか? 偉大なる儒学者 “ 孔子 ” の

 存在を疑わせるばかりか、大国のあり方と抱える問題処理が出来得ない

  恥ずかしい  『 究極の人間の 考え方 』 なのです。


 『 論語 』 に 恥じないためにも、 「 真似る 」 と言う漢字を

 中国の新指導部のみなさん、よう~く 見つめ直して ください!


 小さな国の 「 小さな島 」 を めぐって、 『 領土 』 “ 争い ” を

 展開しなければ、中国と言う国家は 滅びますか? それとも、真の世界平和を

 希求していないのだと、そのように誤解されても 弁明が出来ますか?


 古来からの大陸と、世界一の人口を抱える母国を 著名な「 儒学者 」 を

 多数輩出している、世界に誇れる国であることを 今一度 思い起こしてください!


 我が国においては、今なお 『 孔子 』 の 御教えを 後世に受け継ぐべく

 熱心に 教示して おられる 先生が 多数 おられます。


 あえて、付け加えさせて 頂くならば 「 意見 」 には 『 個人差 』 が

 あります。


『 火の無い所には、煙は 立たない 』 古来からの 「 ことわざ 」 です。


世界第2位の 『 経済大国 』 に 発展した ・・・ もちろん、貴国の政府・財界関係ご各位のご指導とご努力の結果だと思います。


世界中から、漏れ伝わってくる 「 実情 内容 」 には、 疑いたく・信じ難い 「 風聞 」 も 多く 含まれています。


それらを すべて 「 払拭 」 しようとしても、 貴国の 日常の ” 行い ” から にわかに打ち消せない ものが


多数 存在しているから、 政府報道官の 「 メッセージ 」 を 聞かされても、 素直な気持ちで 「 聴けない 」 のです。 


貴国が 今より さらなる発展を 遂げようとなさるなら、 世界最大の国民(人口)を 有する 国家形成だから


今より もっと もっと 多くの 「 叡智 と 知恵 」 を 結集されることを 希望して 止みません。


 

 


「 論語に学ぶ 」 ・・・ リンクに表示されるテキスト




  

     

Posted by シンリヤン at 23:40生活と文化

当世書生日記 人間の習性

2020年07月22日

人間の習性


★ 人間は 「 利のある所 」 に 集まる。


★ 「 繰り返し 言えば 」 人間は 信じる。


★ もう ダメだと 決して 思うな!


★ 行きずまった時には 「 初心に 帰れ 」   


★ 「 欲 」 を かきすぎるな!


★ 他人と 比較 する ナ


★ ビジネス相手は 好きになれ


★ 「 ほめられて 」 イヤになる 人間は いない


★ 「 他山の 石 」 として 相手を 見る


★ 「 憶測 」 で 物を 言うな


★ 「 聞き 上手 」 に なれ


★ 遠くを 見ながら 「 近くを 」 見る


★ 冷静な 判断力で 『 潮時 』 を 知る


 この度も、ここまで お付き合い 頂き 感謝します。  

 それでは、このへんで。   

Posted by シンリヤン at 21:53生活と文化

当世書生日記 現代のIT機器と過去

2020年07月22日

現代のIT機器と過去


情報産業の 著しい発展は、情報処理機器 ( IT )の 開発と その発展に追いつかない位の 発展ぶりである。


メーカーも 開発者も 研究者も、その時々において 最良で 最新を生み出して 世に送り出して来ている。


それらを 使い消費している 私達 「 コンシュマー 」 は、 自分においては 特に 考えることもなしに


ただ 何となしに使い、不満もそのままに して 過ぎている。


つまり、「 改善 」 と言う 片端も 出ては こない。


 『 強い考えで 』 現状打破しようという 行動に 結びついていない。


ただ単に、日常に流されて 無難に 日々を 送っている ・・・・・ これが、当たり前 なのかもしれない


そう 思えてくる。 


★ 私達ににとって発展も 成功も無い と 言うことは、 「 外部要因 」 と 言うのではなく 単に


 「 信念の 欠如 」 と 言うべき 現象と 捉えたい。


 『 成功のルールも 鉄則も 』 考えることは もとより、 検討することも 皆無であると 言っていい。


 結果的には、 「 時間と 経費の ムダ 」 を 拡大していっている。


★ エンジニアの 一端として、 もっと もっと 『 スキルの向上 』 と 『 実践の拡充 』 に


 前向きに ならなければ ならないと、 「 自省 」 すること しきり で ある。


 この度もここまで 読んで頂き、感謝します。では、このへんで。 


  

Posted by シンリヤン at 21:32生活と文化

当世書生日記 GO-TOキャンペーン ある一つの考えが あなたを 救う

2020年07月21日

ある一つの考えが あなたを救う


「 農業 ・ IT技術  ・ 6次産業 」 ・・・・・ 大きな 成果を 出している。


登山や ハイキング、 小高い山へ 登られる 方 ( もちrん、登山家は 言うまでもなく ) なら ご存じの


「 谷間 へ 入ったら 」 視界がせばめられ、 時には 「 登山ルート 」 さえも 見失うことがある。


※ 今まで 誰もが 気付きていて、 意外に 実践されていない 「 あなたを 救う大切な事 」 を ここに


 公開! ・・・・・ たった一つの ( とっても 意味が深い ) ・・・ それは、 『 考え方 』 です。


 ・・・・・ なあんだ、 ばかにするな! と 思われた ことでしょう!!


 ノーベル医学物理学賞は 言うに及ばず、 これも  『 考え方 』 が 成せたる ゆえん です。


 申すまでもなく、「 目標や 目的も 無い ところ 」 に 『 考え方 』 は 重要でも なんでも 無いでしょう。

  おおよそ、 学問となると 全分野に 亘って 間違いなしに 「 理解 」 が 出来ていなければ 


 『 問題解決 』 は 出来ないと 確信する。

  特に、 「 理数系 」 となると 「 考え方と 理解 」 は 車の 両輪と 思っている。

 「 難問解決 」 の 前に立ちはだかる大きな 一つに、 「 今更質問出来ない 」 と言う 「 気おくれ 」 が  ある。


 このことを、 悩みとして 抱え込んだら 前進は 難しくなる。


 「 理解度には 」 個人差が ある。 


 「 学問の 理解 」 に おいて、 「 定理 」 に こだわるあまり、 それが理解できないと 次の 「 問題解決 」 に


 移行出来ない 「 困った方 」 が 存在するのである。


 否定は 差し控えるが、 「 考え方 」 の 柔軟発想 には 『 ブレーキ 』 と なる。


★ 前置きが長くなりました、 最近の 考え方の 代表格として ・・・・・


 「 農業 ・ IT技術を用い ・ 6次産業化する  」 が ある。


★ 少子高齢化 ・ 後継者不足 が 「 農業の継手 」 を 無くしている。


 そんな悩みの中に、 「 考え方 」 として 生まれ育った 「 発展的な産業 」 が 生まれ


 脚光を 浴びようとしている。 しかも、 「 雇用の促進 」 ばかりか 農業の日本の未来へ 大きな活路を


 開く事になる と して、 評判を かもしている ・・・・・ と 言うお話を させて 頂きました。


 ここまで、 読んで頂き 感謝します。 ありがとう ございました。

 
 


  

Posted by シンリヤン at 23:53生活と文化

当世書生日記 好きこそものの上手なれ 得手 不得手 結果 

2020年07月20日

好きこそ ものの上手なれ 得手 ・ 不得手 結果


 たとえの 慣わし通り、「 確かな知恵 」 と 『 技術 』 で ますます 腕に 磨きがかり


「 信用 」 と 「 信頼 」 の 構築が 深められる。


 好きこそ ものの上手なれ ・・・・・ 「 得手 」 「 不得手 」 が 存在している ・・・・・ 不得手に、とらわれていると



「 得手 」 の 事も、 満足に 出来ない状態が 出てきてしまう。



※ その道の 「 基本 」 を しっかりとマスターして、 いつでも ・ どこでも 問題なく 仕事が出来るようにする。



 『 こだわって 結果を出す 』  チャレンジすることを 決して 忘れない。 この精神を 「 いちまで持ち続けられるか? 」


 持ち続けられて はじめて、 プロの域に 達するのだと そのように 考えています。


ここまで 読んで頂き 感謝します。 またの ご縁まで。     

Posted by シンリヤン at 13:57生活と文化

当世書生日記 目標・基本・手段

2020年07月19日

仕事・・・目標・基本・手段


こんばんわ、シンリヤンです。


長い事同じような仕事を 続けて いると、 つい 出来ない事 ダメな事に 気を取られて 『 基本 』 の 事が


おろそかに、 どこかに 置き忘れて しまう。


 『 目標 』 を 見失わなければ、手段は いくらでも 見つかるもの、 この事を 振り返って見たいものです。


 『 基本 』 が 出来れば、あなたがやろうとする仕事や 今現に 取り組んでいる仕事が 必ず伸びる。


※ 土台の無い所に、 家は 建てられません。仮に、無理して 建てたとしましょうか?


 果たしてこの家は、長持ちどころか たちどころに 瓦解する事でしょう。


 今宵は この辺で 失礼します。 ありがとうございました。
  

Posted by シンリヤン at 23:30生活と文化

当世書生日記 GO-TOキャンペーン 商品、売り先探し

2020年07月18日

GO-TOキャンペーン 商品、売り先探し


いよいよ7月22日から、GO-TO ( お出かけ ) キャンペーンが スタートする。


 これについては、賛否両論があり 一部の都市間で 修正されて 実行すると 報じられている。


果たしてほんとに、新型コロナウイルスの 「 感染拡大 」 ・・・ この意気込みで、終息に 向かうのであろうか?


 経済や 社会情勢活性の 目的も、理解出来ないわけではない。それに、 首都圏をとりまく 最近の感染経路を


報道で察知する限り、「 大げさに言うな、さわぐな 」 と言う かげの声が、悪いとばかりは 言い難い面も 無い訳ではない。


 国民みんなが 一様に等しく 「 心配すること 」 ・・・・・ 見えないし・聞こえないし・臭わないし・感触もないし、


いつ・どこで・どのようにして、感染するか? 全く 分からない ・・・ この事に、尽きるのだと言って 間違いだろうか?


 3蜜を避けて・マスク着用・手洗い・うがいの 徹底励行 ・・・・・ あえて、言いにくい事だが 申し上げさせて頂く と。


昨年末、この感染勃発前までの 国内状況下ならまだ、上記のような 皆が こぞって 守ることが 有効であろうと 思う。


が、 最近の 西日本・東日本・東海・近畿地方の 広範囲に 及ぶ 「 豪雨 」 被害の 発生!


 被災して、 避難を 余儀なくされる 当該関係各位の方々、前述の 励行遵守が 完全に守れるのか?


水害・豪雨被害だけとは 限るまい、いつどこで 大震災が 発生するとも 分からない ・・・・・。


 最近のように、ひとたび発生すれば 「 甚大な被害 」 が 必定のようにして 発生する。


最早、 東日本大震災で 言い広がった 「 想定外 」 は、 天変地異には 通用しない時代だと 思う。


 大事なことは、このような 評論めいた 言葉を 列記している 段ではない その様に 思う一人である。


それは、甚大な被害が発生するたびに 「 どれだけ多くの 尊い命 」 が 失われて いっている 事か。


 もちろん 私も、 みんなが それぞれに しかも 日常から 真剣に 「 天変地異 」 に 関わる 災害対策


について、今までより以上に 考え 取り組む 必要が あるのだと そう考えて 疑いません。


 この様に考えて来てみる時に、 GO-TOキャンペーン実施については 次の事も ありきなのではないだろうか?


それは ・・・・・ 売れ先のない 『 商品 』 について、 国民皆が 一人ひとり 知恵をだしあって ・・・・・


買うことを 検討してみては どうでしょうか? 出来ない事を、真っ先に 考える事は この際 差し控えましょう。


 『 出来ないのではない ・・・ やらないからである 』 との おたとえ も 存在していることを あえて 記します。


 この度も ここまで お読み 頂き 感謝申し上げます。








  

Posted by シンリヤン at 22:25Comments(0)ニュース

当世書生日記 新型コロナウイルスならぬ ネットウイルス

2020年07月17日

新型コロナウイルスならぬ ネットウイルス


こんばんわ、シンリヤンです。

そろそろ、梅雨も終わり? 明ける時が 来たのか?

西日本 ( 九州 ) はじめ、中部。東海方面まで 「 大きな豪雨被害 」 を 発生させた

今年の 梅雨! いいえ、 今年も 豪雨被害を もたらせた。 梅雨そのものを 非難するには

筋違いかも 知れないが、災害は 忘れたころにではなく、毎年どこかで 「 恒常化 」して来ている。

 ここでも、お亡くなりになった方々、大きな 被害を受けられた 方々に対し、お悔やみと お見舞いを

心から 申し上げます。

 昨日あたりから 「 蝉の 鳴き声 」 を 聞くようになったので、そろそろ 「 梅雨明け 」 も

近いのかなと、そんな 気が しています。

 昨年末から 「 新型コロナウイルス 」 感染拡大 ・・・ 東京はじめ、首都圏地域で どうやら

2次 感染拡大の 様相を 見せているような そんな気が して来ている。


 新型コロナウイルスに 気をとられていたら、 なな なんと ・・・ 「 ネット上の ウイルス 」 までが


身辺のパソコンに、 うろうろしだしているようである!

 
 まあ、このページを 御覧の皆様は 「 ウイルス ・ セキュリティ 」 対策は 心配ごむようでしょうが。


「 石川 五右衛門 」 大泥棒ではないが、 まあよくも 悪いことを 思いつき・考え、実行に及ぶものと


あきれると同時に、変な 感心さえ 起こしてしまう。 いずれにしても ・・・・・


 パソコンの 「 ウイルス感染 」 これのほうも、 怠らずに 注意して 参りたい ものです。

それでは、 このへんで 失礼します。



  

Posted by シンリヤン at 22:52ニュース

当世書生日記 子供は 親を選べない!

2020年07月16日

子供は 親を選べない


生まれてくる 子供すべてと 言っていいと思うが、 自ら 親を選んで 生まれ来ることは かなわない。


生まれさせて 頂いても、 親の 身勝手さから 「 短命 」 にして、この世の地獄を一身に受けて


はたまた、 『 地獄 』 へと 旅立つ ・・・・・ 果たして、前生は何であったのだろうか?


 あなたは、何のために この世に生まれて 来たのか? 尽きない 考えではあるが ・・・・・


少なくとも、一時的な 「 愛欲におぼれて 」 出来てしまった子供、まともに親の愛情を一身に受けて


養育されて、成人して また 親となり 子孫を 残すのであれば 「 人間の 道理 」 に かなっている


そう 思って 間違いないと 確信して いる。


 時代も変わり、男女が 自由に出会い 交際もオープン はたまた 「 婚活 」 など、 自分にその機会が


容易に 恵まれないとしても、 ある程度 『 この人 』 と 思われる方 ( 相手 ) に 出会う事が出来る。


 その事に、異論を 差しはさむ ものではない。 が、 ここからが、問題と 考える。


時代は、遠く 戦国 ( 安土 ・ 桃山 ・ 奈良 ・ 平安 ) 江戸 ・ 明治 ・ 大正 ・ 昭和から


平成 ・ 令和 へと、移り 変わってきた。 当然ながら 「 人心 」 も 変遷して来たと そう 思う。


少なくとも近代、昭和初期から 戦前 ( 第2次世界大戦 ) ・ 戦後 において 結婚 ( 嫁ぐ ) とは


一旦、 自分の実家の 敷居を またいで 出たからには、 その嫁ぎ先に どんな苦労や災難があっても


その相手 ( 夫 ) に つかえ、 生まれ 「 授かった 」 子供 ( 多い ・ 少ないに かかわらず ) の


母親として、 命がけで 生きてきた 歴史が 物語って いる。 それが、 今日 ( 現代 ) は どうであろうか?


 かけがえのない 命 ( 子供 ) ・・・ たとえ、 愛欲の上で 出来てしまったとしても ・・・・・


その両親 ( その子供の 夫と母親 ) として、 虐待 ・ いじめ はては、殺害してしまう。 この子供の


 人生 ( 一生 ) と 言って、 片付けるには あまりにも 非人間的で、 むご過ぎは しませんか?


今は、母体の保護からか 「 子供を 背中に 背負う 」 様子は 見かけることが ほとんど 無い。


 前述の時代には、 文明の発達段階で致し方なしではあっても、 逆に 大部分 「 おんぶ 」 して 育てて
いた


親が、 背中の 子供に 教えられ ・・・ と言う 「 格言 」 まで ある。 もちろん 今でも言い方は 違っても


「 親は 子に 教えられ 」 ・・・・・ 日々成長してゆく 子供を毎日見ていると、そこから 親である自分が 教えられる


事が、 度々 あるんだと。 また ・・・・・


この子にして、 この親あり ・・・・・ 親子共々、 お互いに 認め合い 尊敬しあえる そんな 「 人間関係 」 


これこそが、 神が 私達人間を この世に 生まれさせた まさしく 「 神真意 」 では ありませんか?


 最後に、 諸先輩方に 対する 『 尊厳 』 について、 いつか 記述できることを 願って 終わりたい。  

   








  

Posted by シンリヤン at 14:01生活と文化